IMG_7276
2011年5月に購入したONKYO ミニコンポ 。発売開始から1年後、49,800円で秋葉原のオノデンで購入しました。
それが、去年、CDを挿入しても「NO DISC」と出る症状のため約1万円で修理したのですが、1年後、再び「NO DISC」というエラー表示が出て再生できなくなってしまいました。
仕方なく、再び修理に出しました。
結果、CDユニット部全部交換とのことで2万2千円の修理費がかかりました。
まる9年で5万円の購入価格の6割に当たる3万円の修理費というのは痛かったです。
IMG_7274
前回同様、インターネットで修理申し込み、レシーバー部を梱包して、受け取りにきたヤマト便に渡します。
高くとも1万5千円くらいだろうとたかを括っていたのですが...

レシーバー部がない間、きれいに積もった埃を掃除しました。
IMG_7280
帰ってきたレシーバー部の配線をやり直して、CDをかけると、再び良い音を奏でてくれました。

ミニコンポが聴けなかった3週間程度(すぐに修理に出しませんでした)、iPhoneとSoundSticksをブルートゥースで繋いで音楽を聴いていました。
でも、やはり、ONKYOのミニコンポのほうが音が自然で良い音。重低音はSoundSticksのほうが強烈ですが。

その前のミニコンポパイオニア・プライベートは、1989年から2011年まで22年持ったのでした。2回くらいCDのピックアップを交換しましたが。 ONKYOは、ちょっと壊れやすい印象です。
10年も経たないのに3万円の修理費は、自分の基準からはちょっとダメだなあ。